費用

2016年01月17日

習い事費用ってどのくらい?

ヤフービューティー 2016.1.17


年収に見合った子どもの「習い事費用」ってどのくらい?


今年の抱負をかかげたママの中には、自分自身のことだけでなく、お子さんが立てた目標や子どもにさせてあげたいこと、習い事を新たにはじめる、といったことも含まれている人もいるのではないでしょうか?

そして習い事のように新しいことを始めるためにはそこに投資するお金も必要となってきます。

そこで、この春新たに「習い事をさせたい!」とお考えのママに向けて、ファイナンシャルプランナーである筆者が、子どもの習い事にかける費用の目安についてまとめてみましたのでご紹介します。

 

■「2、3歳から習い事をさせるべき?」まず確認したい2つのコト

0歳から受けられる幼児教育もありますが、水泳教室や英語塾などその多くは2,3歳児向けの教室が多いようです。お子さんの「やってみたい!」の声に応えるかたちで、複数の習い事をさせているご家庭もあると思います。

意欲はもちろん大切にしたいですし、どれくらい習い事費用をかけられるかは世帯収入によって違ってきます。正解はありませんが、習い事をスタートする前に、まずは次の2つを確認しておきましょう。



(1)大学進学費用はちゃんと貯められる?

日本政策金融公庫の調査結果によると、年収400万円未満の世帯では、教育費の負担がなんと4割に達するそうです。

教育費は、お子様の年齢が上がるほど負担が重くなるのが一般的です。早くから習い事費用をかけすぎたため、肝心の大学進学時の教育費負担に耐えられない。入学資金の準備が間に合わず、教育ローンや奨学金を借りたのでは本末転倒です。

家計収支に余裕を持たせ、将来かかる教育資金の積立ができる範囲内で習い事を検討することをおすすめします。


(2)発表会や送迎など、習い事をすることで増える支出も考えてる?

習い事をさせる場所が遠くて送迎費用がかさむ。発表会イベントが頻繁にあり、衣装代も都度かかる……。というように、入学金や月謝以外にお金がたくさんかかる場合があります。

習い始めてから止めることは子どもに悪影響を与えかねません。習い事を続けるためのランニングコストにも目を配っておくべきです。



■年収に見合った「習い事費用」ってどのくらい?

生まれた子どもが大学を卒業して就職・独立するまで、20年以上の年数がかかります。その間に世帯収入も変化するかもしれませんし、妹や弟が生まれるかも知れません。

子ども達がそれぞれ希望の高校や大学に進学できるよう、計画的に教育資金が貯められるように、年収とかける習い事費用のバランスにはくれぐれも気をつけてください。

習い事にかける費用の目安ですが、年収500万円世帯を想定すると、大学入学までは、習い事費用を手取り年収(可処分所得)の5%から8%程度までに抑えておきたいところです。私立高校を目指すご家庭では、中学までにある程度の教育資金を貯めるため、もう少し控えめな予算にする必要があります。

ご家庭によって教育方針も違いますし、進路によってかかる教育費も大きく差が開きますので、上記目安まで習い事をしても大丈夫ということではありません。大学(高校)進学費用の積立を優先したうえで、その残りの家計から習い事などにいくらかけられるか、という視点が大切です。

 

いかがでしたか。

子ども1人当たりの教育費はおよそ1,000万円といった使い古されたフレーズがありますが、薬学部や遠方の私立大学に進学するなど、お子様の進路によってはその倍以上かかることもあり得ます。


習い事費用を含めた昨今の教育費は、“いくらかかるか”というよりは“いくらまでかけられるのか”といった意識を常に持っておくことが必要だと言えそうです。





enmusubi5 at 23:18コメント(0) 

2015年12月05日

子どもの教育費


子どもの教育費に毎月1万円以上! 「家で勉強」は少数派?


小学校に入ると勉強時間がぐんと増え、予習・復習・宿題など、家庭学習の時間を設けるようになる家庭もあるかもしれません。そうした子どもの教育費用に、皆さんはどのくらいかけているのでしょうか? ある「家庭学習に関する調査」では驚きの教育事情が明らかになっています。

塾に行かず、自宅で勉強する子どもは少数派のようだ

© HAL - Fotolia.com


教育費用は「月1万円以上」の家庭が7割!

1ヵ月あたりの、子どもの教育にかける金額は?

株式会社イー・ラーニング研究所は小中学生の親子約1,000人を対象に「家庭学習に関する調査」を実施。「子どもの教育にかける(かけた)お金(1人/1ヵ月)はいくらぐらいですか?」というアンケートで約7割が「月に1万円以上」と答えました。

幼稚園児の子どもがいる私は、小中学生になったらこんなに教育費がかかるのか…!と、その数値に驚いてしまいましたが、それは塾や習い事などで「家庭学習の機会が少ない」ことも理由のひとつなのかもしれません。

「家庭学習」が当たり前な家庭は少ない?
「家で勉強するのはどんな時ですか?」という質問では、44%の人が「宿題があるとき」と答え、「普段から習慣化している」が20%、「テスト前」が18%、「家族から勉強しろと言われたとき」が11%と続きました。

家で勉強するのはどんな時?

自宅学習を習慣的におこなっている家庭は全体の約2割で、それ以外は「必要なとき」に机に向かう、というケースがほとんどという結果となったようです。


親の悩みは「学習を習慣化できていない」こと

子どもの家庭学習の一番の悩みは?

家庭学習について、親はどんな悩みを抱いているのでしょうか? 半数を超える56%の人が「学習を習慣化できていない」ことが悩みと答え、次いで「子どもに最適な教材がない」が16%、「(習い事などで)家で学習する時間がない」が14%と続いています。

家庭学習のよいところは?

また、家庭学習そのものについて「子どもの学習の様子を確認できる」が45%、「子どもの学習の手助けが出来る」が26%、「子どもが学習したことなどが話題のきっかけになる」が22%と、約9割の親が肯定的な意見をもっていることもわかりました。

学習スタイルはその子に合ったものを…と考える一方で、自分の目で確認でき、サポートができる家庭学習のメリットを実感している人も多いよう。進学を控えたお子さんのいる人は、今回の調査結果をぜひ参考にしてみてくださいね!


提供元:Woman.excite mama



にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


enmusubi5 at 00:23コメント(0) 

2015年07月11日

塾の費用捻出で車の売却も!子どもの急な出費に母親はどう対処してる?

家計の中でも予想がつきにくいのが「子どもにかかるお金」。あると思っていても、いざとなると足りなかったり、急な出費にドキッとしたり…。“子どもにかかった出費”について、子どもを持つ主婦100人に聞いてみました!
­

【質問1】

子どもにかかったお金で一番額が大きかったものは何ですか?



­
【回答】

「無認可の保育園代金が、1年間60万くらい」(6才・男)
­
「インターナショナルスクール3年間の学費300万円です」(5才・男)
­
「幼稚園短期親子留学費で300万円超です」(13才・男/11才・男)
­
「大学の4年間の学費だけで650万も…」(24才・女/23才・女/20才・女)
­
「次男のアメリカでの妊婦健診費用がトータルで200万円でした」(5才・男/3才・男)
­
「出産費用です。私の血液型が特殊で病院2件分で約40万円かかってしまいました」(1才・女)
­
「五月人形の購入費で50万です」(11才・男)
­
やはり一番は学費ですよね…。年齢が上がれば上がるほどかかるようになりますし、「共働きでも3人進学させるのは厳しい」との意見もありました。出産費用も助成があるとはいえ、海外での出産など、事情によっては予想外の出費になることも。買い物では、ベビーカーやお祝いのお人形、楽器代が高額なものとしてあげられていました。


­
【質問2】

ふいにかかった「子どものためのお金」で困ったことはありますか?



­
【回答】

「病気で入院したときに、感染症予防のため止むを得ず個室に…」(6才・男/1才・男)
­
「小・中と同時に 私立の学校へと入学したときは、学費の支払いに困った。お祝い金や学資保険で補填しましたが」(14才・女/8才・女)
­
「習い事の新年度費用で、年間費&月謝が2カ月分かかり、ヘソクリで対応せざるを得なくなりました」(6才・男/3才・女)
­
「塾の費用が足りなくなったので、軽自動車を売って自家用車を一台に減らしました」(18才・男/3才・男)
­
「幼稚園と小学校の教材を購入する期限が給料前だったときに焦りました。だいたい2万円くらいだったのですが、子ども手当てや生活費から捻出して事なきを得ました」(10才・男/8才・女/5才・女)
­
「子どもの入塾金のために、定期預金を解約しました」(14才・女/10才・女)
­
病気などの出費は仕方がないけれど、やっぱり一瞬冷静になってしまいますよね…。ですが、急な出費にも、学資保険や親せきなどからのお祝い金、ヘソクリなどで対処する母親が繰り出す土壇場のワザには頭が下がります。備えあれば憂いなし。子どもがいるとなかなか貯金はできませんが、ふいの出費に備え、ある程度の蓄えはしておきたいなと切実に思います。
­
※20~40代の既婚女性100人を対象に暮らしニスタ編集部が行ったアンケートより。



にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


enmusubi5 at 22:51コメント(0) 

にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ