子どもの才能

2016年01月18日

海外ママにも人気の育脳法!「一日たった30分でIQが驚くほどのびる」ベビートークに注目



「ベビートークプログラム」をご存じですか? イギリスの言語治療士、サリー・ウォード氏が開発した赤ちゃんに語りかけるというプログラム。その内容は、静かな環境の中で1日たったの30分赤ちゃんに語りかけるだけ。これだけで言葉や知能指数(IQ)が驚くほど伸びると言われているのです。

では、なぜそんな驚きの効果が生み出せるのかについてシンガポール在住で第2子を妊娠中の筆者がお伝えします。

 

■ベビートークのルールとメリットとは?


ベビートークの主なポイントは以下の5つです。


(1)親子1対1で行う

(2)生後間もなくから開始可能。赤ちゃんから喃語がでたらママが真似してみせる

(3)気が散らない静かな場所で行う

(4)子供の興味に合わせた(絵本など)内容で行う

(5)短い文章で分かりやすく話しかけながらスキンシップもとる


毎日赤ちゃんと接していると「これなあに?」とか、「○○っていうんだよ、言ってごらん?」など、ついつい大人のペースで赤ちゃんにしゃべりかけてしまいますが、このプログラムの特徴は必ず赤ちゃんが主導となるようにすることです。答えさせるための質問や言い直しなど、無理にしゃべらせようとするのは逆効果だそうです。

赤ちゃんが声を出したくなるまで待ち、赤ちゃんの話したいことに大人が目を向け、赤ちゃんのペースで話す。筆者も早速実践してみたのですが、実際やってみるとこれが意外と難しいのです。しかし、慣れてくると赤ちゃんの目線がわかってとても面白かったです。

このようにママやパパが赤ちゃんの目をみながら沢山話しかけてあげることで、赤ちゃんの言語能力は飛躍的に向上すると言われています。

また、ベビートークプログラムの付加価値的メリットとして、言語能力だけでなく、人とのコミュニケーション能力の向上もあげられます。

生後間もない赤ちゃんなどにとっては、もちろん言葉の意味なんてわかりません。しかし、このベビートークはパパママが赤ちゃんのことをちゃんと見ているよ、あなたのことに興味があるのよ、という感覚を育てることになり、この感覚がパパ、ママとの信頼関係を構築するとも言われています。


 

■シンガポールのママにも人気!


筆者の住むシンガポールでも「ベビートークプログラム」は人気の育脳法といえます。なぜならシンガポールは多民族国家だから、と言えるでしょう。

シンガポールは英語が国語ではありますが、中国語、マレー語を筆頭に様々な言語が日常に飛び交っています。もちろん言語だけの話でなく、様々な文化やバックグラウンドを持った人たちの集まりであり、そのため、言語能力及びコミュニケーション能力の向上はシンガポールにおいて必須課題であるといえます。

シンガポールの学校ではベビートークプログラム以外にも多くの育脳法を使って言語能力の向上を図っています。例えば、プレスクールでは、早いところで1歳半から英語以外の第二言語のクラスがあります。クラスでは絵本の読み聞かせやミュージック、ダンスなどを通じで他言語及び異文化への興味を促進してくれます。

 

いかがでしたか。

昨今ますますボーダーレスが進む中、異文化間のコミュニケーションはもちろんのこと、家族、友人、近所、会社など様々なところでうまくコミュニケーションを取れる人が活躍する世の中。

最近では育脳グッズに始まりプログラムなど数多くの育脳法が紹介されていますが、一日たった30分のベビートークプログラムで、わが子の将来のコミュニケーション能力が大きく変わるのであれば試してみる価値はあるかもしれません。

 



enmusubi5 at 17:33コメント(0) 

2016年01月15日

「地頭のいい子」は家庭内の習慣で作られる! 

東洋経済オンライン 1月14日



小学校低学年から高学年、そして中学生へ……。周囲に私学を受験する子も増える中で、わが子の成績や先々の進路がまったく気にならない親はいないだろう。どうすれば少しでもいい点が取れ、より上位の学校に進学できるのか。そもそも子どもにやる気を起こさせるには? 
約25年にわたり学習塾を運営し、3000人以上の子どもを指導、成績向上に導いてきた石田勝紀氏は「心・体・頭のしつけ」をすることが重要と語ります。この連載では石田先生の元に寄せられた親たちのお悩みに答えつつ、ぐんぐん伸びる子への育て方について考えていきます。



 【質問】

小学6年生の男の子を持つ母親です。ひとりっ子ということもあり、甘やかして育ててしまったのか、幼少期から人に頼りがちで、あまり自発的に行動しません。
子どもですが「面倒」が口癖で、丁寧に考えることが嫌いです。小学1年生から宿題の見直しを一緒にやって来ましたが、分からない問題があると私がやってきて手伝うまで、手を着けないで待っています。解けない問題があると、苛立って大声を出したり、すぐ投げ出そうとするので、私もつい怒鳴ってしまいます。解けない問題といっても今までに習った問題が全然分からなくなっています。算数は特に、なぜそういう答えになるのか深く理解しないでやり過ごしてきたのか、文章問題などは全然できません。考える力をつけるにはどうしたらよいでしょうか? (仮名:今野さん)



 【石田先生の回答】

■ 教育業界で話題のテーマを家庭でやってみよう

「自ら自発的に勉強をしようとしない」こと、これを正すためには、さまざまなアプローチがありますが、そのひとつに「子ども手帳」を使って自律を促す方法があります。これについては、かつて記事で書きましたので、それをご覧ください。私が実践、検証した中では、最も効果的であったツールです。 今回は、その点よりも、「勉強しても身についていない。深く理解しないでいるため、文章題もできない」点を解決する方法に焦点を当ててお話しますね。これもまた、さまざまなアプローチがあるのですが、ひとつ家庭内で「アクティブ・ラーニング」を実践することをおすすめしたいと思います。

 アクティブ・ラーニングとは、教育関係者には有名な言葉ですが、まだ一般にはそこまで知られていないかもしれません。

 これは、「一方的な講義形式の教育とは異なり、能動的(主体的、積極的)に学習に参加させるための学習法」のことです。イメージとしては、小学校の頃にやった「ある課題に対してチームで協調して取り組むグループ学習」のような感じです。

実は、この「アクティブ・ラーニング」という言葉が次の学習指導要領に組み込まれ、学校教育は大きく変わると言われています。それは、「記憶型教育」から「探究型教育」への大変革となる可能性があるからです。

 さて、そのアクティブ・ラーニングですが、通常はグループ学習のような形態が多いため、学校など集団で指導するときに有効的だと考えられていますが、この考え方を家庭で取り入れる、というのが今回のご提案です。つまり、家庭でこの探究型学習を行ってしまうのです。といっても机の上で学習するのではありません。日常生活の場、すべてを探究学習の場にしていってしまうのです。



■ 探究心はこうやって作っていく

 まず最初に知っておくといいことがあります。本当に勉強ができる子は、勉強を勉強とは思っていません。面白いからやっているのです。こういう子は、日常の生活の中で、様々なものごとに出会い、そこから面白さを発見しています。

 一方、中途半端に勉強ができる子は、やらねばならないから勉強して、ある程度できるようにはなっていますが、日常生活からはあまり学んでいないことがあります。ですから「(机の上で)5時間勉強した!」「8時間勉強した!」という子がいても、日常生活で見るもの、聞くものが全て勉強になっている子にはかないません。また、勉強と日常生活が分離しているため、勉強の時間が“面倒なこと”になりがちなのです。

 これを解決するためには、意識を根本から変えていく必要があります。それはつまり「モノの見方を変える」ということです。ではどうやったら、「単なる日常生活」→ 「学びの生活」にしていくことができるでしょうか。それには次のステップを踏むとよいでしょう。

第1段階:「観察眼を養う」
 インターネットで簡単に情報が手に入るようになった今の時代、情報を持つこと自体の価値が下がっているのは多くの人が認めるところでしょう。一方、観察眼を身につけ、自ら情報を得ることの重要性は増しています。この観察眼を養うということ、おおげさに言えば、「情報収集、分析、法則化」の訓練をすることが、最初の大事なステップになります。

 優秀な人は、子どもでも社会人でも、この観察眼が優れている場合が少なくありません。

 観察眼は素質の問題ではなく、習慣の問題なので、お子さんに例えば、次のような問いかけをするとよいでしょう。以下は、小学生を想定した問いです。

 「家に帰るまでの間に、いつもと違う変わったこと(気づき)を5つあげてみよう!」

 「駅から見える看板で、何色の看板がいちばん多いかな?」

 「周囲を見て、お年寄りに共通することは、年齢以外に何があるだろう。服装のタイプや、歩き方など考えてみよう」

 「(秋に)葉っぱが色づく木と緑のままの木はどういう違いがあるだろうね」

 つまり、「YES、NOでは答えられないクイズ」をしてしまうのです。題材は何でもOK。テレビを見ながら、その中で出てきた話題でもいいでしょう。

 このようにトピックを与えられると、人はそこに意識が集中します。このようなことをやっていると、だんだんと「気づき訓練」ができ、人から問われなくともさまざまな発見をするようになっていきます。


はじめは親御さんが、上記のような発話で誘導してあげるといいでしょう。ただし、忘れてはならないことは、答えたお子さんの答えに対して「違うでしょう。そうじゃなくて……」などと言ってはいけません。もう二度と子どもさんは答えなります。「なるほどね」と軽く返してあげるのがよいでしょう。

第2段階:「事実を分析することを知る」
 観察眼を持つことができてきたら、次に、

 「なぜそうなっているのかな?」「要するにどういうことなのかな?」

 と聞いてあげましょう。すると、分析し、まとめる力がつきます。

 「駅から見える看板で、何色の看板がいちばん多いかな?」と質問したあとに、お子さんが「ん~、黄色や赤色も結構あるけど、青がいちばん多い」と答えたとしましょう。そうしたら次のように聞いてあげましょう。
「なぜ、青が多いのかな。青を使っているところはなぜ赤色や黄色を使わないのかな?」

 こう問われると、人はハッとして考えだすのです。この問いには、別に答えがあるわけではありません。「考えて分析すること」に意味があるのです。観察眼の段階とは違った部分の頭を使い「事実を分析する力」をつけることができるようになっていきます。



■ 結果的に、偏差値まで上がることも多い

 さらにこの後には、

第3段階:「自分の意見を言う」(自分ならどうするかなどを考える。意見には正解、不正解はないことも学ぶ)
第4段階:「ほかの人はどういう意見があるのかな?」(人の立場に立つことを学ぶ)
 が続きます。しかし、一気にそこまで目指すと挫折してしまうかもしれないので、まずは基本の段階として、「観察眼を鍛え、分析できる癖」がつけられるといいでしょう。物事に積極的で主体的な性質が作られていきます。

 このようにして日常生活の一部でも「学びの生活」に変えることができれば、子どもはさまざまなことに興味関心がわき、勉強もやらねばならないことから、自分のための学びへとと変わっていくことでしょう。

 この「学び」ということが理解できるとと、いわゆる「頭のよい子」になっていきます。ここでいう「頭がよい」の意味は、偏差値が高いということではなく、「地頭がよい人」という意味です。

 日常生活で日々トレーニングしていると、自然と「強い地頭」ができていきます。勉強の時間だけ、知識を習得する、パターンを頭に叩き込む訓練をしている人とは、根本的に異なってくるのです。

 さらに、この「学び」型の人は、副産物を得ることができます。それは、いわゆる「勉強」もできるようになっていくということです。要するに偏差値も上がりだす可能性が高いのです。

 確かに知識の叩き込み、パターントレーニングでも偏差値は上がります。しかし、「学び」型の人は「学び」のプロセスを重視していく中で、結果として偏差値まで上げてしまうのです。どちらかといえば、「学び」型で偏差値も上がった方が、一生の財産になるという気がしませんか? 流行りものに見えるアクティブ・ラーニングですが、その効果は大きいと思いますので、ぜひご家庭で取り入れてみてください。

石田 勝紀



enmusubi5 at 11:44コメント(0) 

2016年01月06日

エリートたちの子ども時代は?


難関大学を突破したエリートたちに共通していた、子ども時代の過ごし方とは?


幼児期や学生時代に成績のよかった子どもたちは、将来、大人になってからも優秀なのでしょうか。そして実際に、大人になってからも活躍している人たちは、どんな幼児期を過ごしたのでしょうか。
これらについて、発達心理学や認知心理学が専門の内田信子先生にお話を伺いました。

偏差値68以上、医者や弁護士などの難関資格に合格した人たちの子ども時代
「23~27歳のお子さんを持ち、しかも2人以上のお子さんを育て上げた親御さんを2,000組抽出しました。その中から、受験偏差値68以上の大学を卒業し、医者、弁護士、検事、国家公務員一種、家庭裁判所の調査官などの難関資格を取ったお子さんの親御さんに、どんな子育てを行ったのか伺いました」

社会的には「エリート」と呼ばれる人たちですね。
彼らがどんな子ども時代を過ごしたのか、気になる結果は次の通りです。

小学校就学前にとても意識的に取り組んでいたこと
●幼児期に思いきり遊ばせた
●遊びの時間を子どもたちと過ごすことが多かった
●絵本の読み聞かせをたくさんした
●子どもの趣味や好きなことに集中して取り組ませるようにした

難関校を突破した人たちは、子ども時代に思いっきり遊び、親子で一緒に楽しい時間を過ごすことが多かったようです。

難関校突破組は子ども時代によく遊んだ

難関校突破組は子ども時代によく遊んだ(内田,2014より)




子育てスタイルの傾向(共有型しつけ or 強制型しつけ)

難関校を突破した人たちの多くは、「共有型しつけ」を受けていました。

難関校突破組は共有型しつけを受けていた

難関校突破組は共有型しつけを受けていた(内田,2014より)



共有型しつけとは、親が子どもの気持ちや親子のふれあいを大切にし、一緒に楽しい時間を共有することが多い、しつけスタイルです。
強制型しつけとは、親が自分の考えやルールを強制し、言葉による命令や力によって子どもをしつけるスタイルです。
(詳しくは子どもの学力格差は幼児期に決まる? 親の「しつけスタイル」が重要な理由 ~「幸せ力」の育て方vol.11~)

遊びとしつけスタイルが大切な理由
子どもの能力を伸ばす、幼稚園や保育園選びのポイント ~「幸せ力」の育て方vol.10~でご紹介したように、遊びは子どもの能力を伸ばします。

「自分の自発的な行動を、大好きな親が『面白そうだね』と共感してくれたり褒めてくれたりすると、子どもは嬉しくなり、達成感が増します。
それは、小さな成功体験です。
成功体験があると、難題をつきつけられても『きっと自分は解決できる』という気持ちになり、挑戦する力がわいてきます。

こうして大人になるまで、自分で目標にしたことはなんとか自力で達成することを積み重ねた結果が、難関試験を突破する力に育っていったのでしょう」

問題を解決したり、目標を達成したりする力は、エリートになるために限らず、子ども自身が幸せに生きるために必要な力です。
子どもを思いっきり遊ばせ、共有型しつけを行い、大切な力を育んであげましょう。

(佐々木月子)

今回取材に協力してくださったのは
内田 伸子先生

内田伸子先生

十文字学園女子大学特任教授・お茶の水女子大学名誉教授・学術博士。
専門は発達心理学、認知心理学、保育学。国立教育政策研究所「幼児の論理的思考の発達調査プロジェクト会議」(主査)、最高裁「裁判員制度の有識者会議」(委員)、文化庁国語審議会委員なども務めるほか、NHK Eテレの「おかあさんといっしょ」の番組開発やコメンテーター、ベネッセの子どもチャレンジの監修、しまじろうパペットの開発、創造力知育玩具「エポンテ」(シャチハタ)の開発なども担当。著書は、『発達心理学―ことばの獲得と教育』(岩波書店)、『よくわかる乳幼児心理学』(ミネルヴァ書房)、『子育てに「もう遅い」はありません』(冨山房インターナショナル)など多数。


Woman.excite mama



にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


enmusubi5 at 12:13コメント(0) 

2015年11月11日

天才5歳児出現!難しい数式スラスラ・・・将来はエジソンか、アインシュタインか


アメリカのカリフォルニア州に住む5歳の男の子の驚異の能力を世界の科学者が注目していると「小倉が斬るニュース」コーナーで取り上げた。ラムセス・サンギーノ君はオムツ姿の2歳の時に画面に表示された日本語のあいうえおの平仮名をすらすらと読めた。


天才ぶりはさらに進化し、いまでは日本語のほかに、アラビア語、ギリシャ語、スペイン語など7つの言語をある程度理解できるという。さらに、母親がラムセス君に隠して書いた40ケタの数字を、透視ができるのか、2ケタずつ言い当てたほか、難しい数学の数式を解くこともできる。


特殊な能力持つ「サヴァン症候群」

ラムセス君は特定の分野に高い能力を発揮するサヴァン症候群で、同じような能力を持ったサヴァン症候群を持った子どもは現在7人ほどいるらしい。こうした子供たちのコミュニケーション能力を研究しているハーバード大学元教授のダイアン・ヘナシー医師は、「自閉症の子どもは母親となんとか意志の疎通を図りたいと思って特殊な能力を持つことがある」と話す。

エジソンやアインシュタインもサヴァン症候群だったといわれており、母親は今後、天才児だけが通える特別な学校で学ばせること検討中という。


2015年11月10日  J-CASTテレビウォッチ



にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


enmusubi5 at 00:23コメント(0) 

2015年09月27日

注目すべきは努力の過程!オリンピック選手コーチに学ぶ「子どもの伸ばし方」

WooRis  から引用  2015.9.25


だんだんと 涼しくなってきました。食欲の秋、スポーツの秋、そして秋の夜長を読書で楽しむ、などと何をするにも良いシーズンです。お受験などは、いよいよ準備も本番を迎える頃ではないでしょうか。

お子さんの実力を伸ばすには親が、“子どもの努力している過程や、何かができるようになるまでに注目してあげる”と、グッと実力が伸びるといいます。

しかも、このことを親が知っているだけで、お子さんの実力の伸びが変わってくると言うのです。これは知っておかないと損ですよね?

そこで今回は、教育コンサルタントの野村るり子さんの著書『3年あれば天才は育つ!』を参考に、“子どもの実力を伸ばすちょっとした方法”を紹介します。


 

■できた“瞬間”より、できるまでの“経過”に注目する

<子どもは無限の可能性を秘めています。才能を上手に引き出して、可能性の場を与えてあげるのは、親の務めではないでしょうか。にもかかわらず、すぐに結果を求める親が少なくありません。>

確かに、親としては、つい焦って「なんで1回でできないの?」とか、「お兄ちゃんはできたのに……」などと思ったり、言ってしまうことってありますよね?

しかし、こうしてすぐに結果を求めてしまうことは、子どもの発達にとってはあまり良いことではありません。

子どもは、みな独自のペースで発達していきます。その子の持つ発達のペースを尊重して“できるまでの過程”を大事にしてあげることが大切だというのです。


 

■不器用でも努力を続けることが大切

<「要領よく短時間で結果を出す努力をしない子ども」と「不器用でも確実に努力を続ける子ども」がいた場合、後者が前者を抜くことを知っていたからです。>

これは、本書に書かれている世界的な体操のオリンピック選手を数多く育ててきた、コーチの指導方針です。必ず選手の、”できるまでの過程”を根気よく見つめながら、適切なアドバイスを送り続けて、その子の才能を開花させてあげることができると言うのです。

この指導方針を、そのまま親が、我が子を見守る時の姿勢と置き換えると良いのではないでしょうか?

結果だけを見るのではなく、できるまで努力する過程をよく見つめ、その努力に、付かず離れず、寄り添うこと。そうした親の姿勢が、子どもの実力をグッと伸ばす秘訣でもあるというのです。

 

以上、“子どもの実力を伸ばすちょっとした方法”でしたがいかがだったでしょうか?

受験に向けて勉強に励むお子さんや、スポーツや音楽の大会などを目指しているお子さんを持つ親は、このことを知っているだけで、お子さんに対する姿勢が変わってきますよね。

ぜひ、その子に寄り添って“過程”を上手に認めて、励ましてあげてください。お子さんの実力がグッと伸びてくるのを実感できるようになるでしょう。



にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



enmusubi5 at 01:32コメント(0) 

にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ