2016年10月

2016年10月19日

菅野美穂が愛児を託したIQ天才児養成保育園、料金は月15万円




NHK朝ドラ『べっぴんさん』出演を果たし、ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』(TBS系)で主演を務めている菅野美穂(39)。昨年8月に第一子を出産した彼女は今、仕事と育児の両立に目の回るような日々を送っている。

また菅野といえば4月には英語も学べるフィットネスクラブ、7月にはセレブに人気の知育教室に愛児を通わせていることが報じられている。そんな教育熱心な彼女が多忙を極めるなか愛児を託したのは、“超英才教育”で知られる都内の保育園だった。

「ネイティブとバイリンガルの保育士が毎日3時間の英語育児をするのが特徴です。3歳までに良い脳を作るという教育法がウリで、天才児並みのIQに育ててくれるとの噂です」(教育関係者)

だがそれだけすごい保育園だけあって、料金も月約15万円とかなり高額。それでも知育と英語教育を別々の教室で学ぶよりは安いとして、かなりの人気ぶりだ。

そんな大奮闘中の菅野、いったいどこで台詞を覚えているのだろうか。そこには大河ドラマ出演中の夫・堺雅人(43)の協力があるという。

「堺さんのセリフ覚えはもっぱら喫茶店。家庭に仕事を持ち込まないタイプです。菅野さんも夫の姿を見て育児の合間のセリフ覚えを教わったようです。今回のドラマ出演も堺さんが背中を押してくれたそうです」(芸能関係者)

堺は10月14日、43歳の誕生日を迎えた。その前日、菅野は堺と都内のカフェに夫婦だけのランチデートに出かけていた。

「2人でバゲットのランチとコーヒーを頼み、楽しそうに会話を弾ませていました。それでもしばらくすると仕事の時間がきたらしく、菅野さんが慌ただしく先にお店を出ていました」(居合わせた客)

仕事に育児だけでなく、夫へのケアまで完璧にこなしていた――。



enmusubi5 at 14:39コメント(0) | 英才教育 | 保育園 

2016年10月13日

イマドキ幼児は「幼稚園で習い事」が増加中


子どもの頃、ピアノやバレエなどの習い事に通っていた、というL25世代も多いのではないでしょうか。近い将来、子どもを持つことを考えると、気になるイマドキの習い事事情。子どもに習い事をさせる親は多く、ベネッセ教育総合研究所の「第5回幼児の生活アンケート」によると、3歳児では29.8%、小学校入学前の5歳児では71.4%もの子どもが何らかの習い事をしていることが分かっています。

では、L25世代が子どもだった頃から、習い事の種類や傾向に変化はあるのでしょうか? 「“王道”の習い事は昔から変わらず人気です」と教えてくれたのは、上記調査を行ったベネッセ教育総合研究所・次世代育成研究室の研究員持田聖子さん。

「幼児期(1~6歳)の習い事の一番人気は『スイミング』、2番目は『月1回程度、定期的に教材が送られてくる通信教育』、3番目は『体操(体操教室)』。4番目以降は『英会話などの語学の教室』『楽器(ピアノやバイオリンなどの個人レッスン)』と続きます。L25世代の皆さんが子どもの頃との違いは、『英会話などの語学の教室』の割合が増えてきていること。グローバル化が進む時代に、子どもの将来の可能性を広げたいという想いもあるのかもしれません」(持田さん、以下同)

年齢によって人気の習い事にも差がある、と持田さん。特に発達の著しい幼児期には、「健康に育ってほしい」という期待を込めて、習い事を選ぶ親が多いようです。

「3歳くらいまでは、親子で一緒に行える習い事や、音楽に合わせて動いたり走ったりするリトミックのような習い事が、もう少し年齢が上がると、男女ともにスイミングや体操など、基礎体力をつけられる習い事が人気です。男の子ではサッカー、女の子だとダンスに通う比率が増えてきます。小学校に上がると書きとりや計算などを学べる勉強寄りの教室が増えてきますね」

一方、幼児期の習い事選びの条件には、「家から近いこと」も重要なポイントだそう。

「小さな子どもの習い事は、親の送迎が必要、昼寝などもする子どももいるため、送迎に時間がかかる習い事には通いにくい。そのため、家から近いことの優先順位が高くなるのだろうと考えられます。

また、昨今ワーキングマザーが増加し、保育園児の数が伸びています。保育園のなかには、英会話や体操等の講師を外部から呼ぶなどして、さまざまな体験ができるところもあります。また、民間が運営する保育園の中には、外国人講師によるオールイングリッシュタイムなどの時間が設けられていたりと、工夫を凝らしているところもあります」

保育園だけではなく、幼稚園でも、習い事を取り入れる傾向があるとか。

「幼稚園が午後2時くらいに終わったあと、外部業者に委託して有料の体操や英会話の教室を開催するところも増えてきました。私立幼稚園では、保護者の要望も受けて、様々なプログラムに工夫をこらしている動きがあります。幼稚園が終わった後、ワンストップで習い事もできる幼稚園は親にとっても利用しやすく、今後も増えていくのではないかと思います」

習い事自体のトレンドに大きな変化はないものの、習い事までトータルで面倒をみるという運営に舵を切る保育園や幼稚園が増えているようです。親に習い事まで付き添ってもらったL25世代も多いかもしれませんが、社会の流れの中で、共働きの家庭でも無理なく続けられるよう、幼児期の習い事のあり方も変化しているようです。

【参考調査】
ベネッセ教育総合研究所「第5回幼児の生活アンケート」(2015年)
ベネッセ教育総合研究所「第2回学校外教育活動に関する調査」(2013年)

(末吉陽子/やじろべえ)

(R25編集部)



にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



enmusubi5 at 23:14コメント(0) | 習い事  

2016年10月12日

最新「未就学児の習い事ランキング」発表!1位の英語を嫌いにさせないためには?


子育てで気になること、悩むことの1つと言えば、お子さんの習い事がありますね。

あれもこれもやらせてみたくなるのが、親心でしょう。

特に英語に関しては、子どもの将来のためにやっておいた方が良いとは分かっていても、かけられるお金にも限界があるため、1番の悩みどころではないでしょうか。

今回は、そんな子どもの習い事としての英語教育と、あまりお金をかけなくても普段からできることを考えてみたいと思います。


今のご時世、やっぱり英語か…

先日、『株式会社リクルートマーケティングパートナーズ』が、首都圏1都3県で小学生以下の子どもを習い事に通わせている927人を対象に「子どもの習い事」について最新アンケート調査を実施しました。

その結果、親が子供に今後、習わせたい習い事1位は、前年同様「英語・英会話」、第2位「水泳」、 第3位「書道」という結果になりました。

ママとしては、「やっぱり英語か……」というのが、正直なところでしょう。

世の中のデジタル化同様、国際化と共に英語化が急速に進む今、英語力の必要性はみんな感じているようです。

現在、ママが妊娠中からでも始められる子ども用英語教材があるように、英語学習を始められる時期もどんどん早まってきています。

でも、子どもに英語学習を無理強いしてしまったことが原因で、英語嫌いになってしまっては元も子もありませんね。

わが子に自然に楽しく英語を覚えてもらうにはどういった工夫が必要なのでしょうか?

 

「これはペンです」よりも「お腹空いた」

現在、著者は5歳~小学生の3人の子どもにバイリンガル教育をしていて、著者自身も子どもの頃からバイリンガル教育を受けてきました。

そういった経験から大切だと思うのは、自分の言いたい事や好きな事を英語で表現できることの楽しさを知ることです。

たとえば、その昔、中学1年生で「This is a pen.」から英語を習ったという方は多いと思いますが、そんなこと言う機会なんてほとんどありませんよね。

まずは「お腹が空いた」、「のどが渇いた」など、生きていく上で必要な言葉を知っていることが、本来のスタートラインです。

特に今は、日本に住んでいても英語が必要な時代。

もはや英語は、習い事レベルではなく、生きていく上で必要な「ライフツール」とも言えます。

今は、1歳頃から通える英語のプレスクールなどが全国的にも増えてきていて、そういった場所を利用することは、まさに理に適っているといえます。

ですが、まだまだ高額な所が多いため、なかなか通うハードルは高いというのが現実。

そういった場合、以前紹介したように、英語でリトミック、英語でサッカー、英語でサイエンスなどなど、「英語で習い事をする教室」を利用して、一石二鳥にするのもオススメです。

スマホやYoutubeだって教材に!

英会話学校に通うのももちろん良いのですが、毎日の日常生活にも英語を取り入れて、お金をかけずに英語のシャワーを子どもにかけてあげましょう。

赤ちゃんの頃からCDなどを使って、英語の歌だけでなく、本の読み聞かせをするのもとても効果的です。

少し大きくなってからは、スマホなどでYouTubeなどを見るにしても、アメリカやイギリスからの英語アニメーションにするのも良いでしょう。

著者の子どもたちの経験上、仮面ライダーが好きな男の子なら「Power Rangers」など、またプリキュアが好きな女の子なら「Winks」などが好きかもしれません。

音楽や映画も海外のものを英語で繰り返し聞いて見ることで、全部の単語はわからなくても、言語の構造やシチュエーションへの理解力が深まります。

でも、なかには、年齢的に不適切な内容や言葉が入っていることもありますので、年齢基準をしっかりチェックしてからにしましょうね。

また、ゲームやアプリで遊ばせるにしても、今は様々な英語学習アプリもがあるで、ぜひ利用してみたいですね。

 

いかがでしたか?

中には、「母国語である日本語をしっかりと習得してからでないと、英語も日本語も中途半端になるのでは」というような意見もあります。

ですが、これからの時代、ますます英語が必要になってくるでしょう。

そこでは、英語は知っていれば知っている人ほど得をします。

まずは、発音や文法にこだわり過ぎず、日本人発音でも良いから自己表現する、そんな姿を子どもたちに親が見せることが1番かもしれません。

 


It Mama 2016年10月08日転載


にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



enmusubi5 at 00:34コメント(0) | 習い事  

にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ