2016年05月

2016年05月26日

英語力は親からのプレゼント!? 幼い子どもに「英会話を習わせる」か否か…


たとえ仕事で英語を使わない人でも、「英語ができれば……」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

現職では必要でなくても、もし英語ができればより年収のよい仕事に転職するかもしれませんし、海外に飛び出してみるという人生のチャレンジができたかもしれません。

文部科学省では2020年オリンピックの年を目標に、様々な外国語の教育改革を進めていますが、実際には小学生以前から英会話を習う子供たちも増えてきています。

幼少期の英語教育については賛否両論ありますが、実際に幼い子供に英会話を学ばせている家庭を例に見てみましょう。

 

■1:夫婦のどちらかがネイティブなら教え方に注意が必要


筆者の周りにも国際結婚をした日本人が多数おり、その人たちに話を聞くと「両親がそれぞれの母国語で子供に話しかけることを徹底している」という家庭が多いようです。

日本人の母親とイギリス人の父親の場合、母親は子供に対して英語を使わないように意識しているということですが、こうすることで「母親には日本語で話すもの」と子供の頭が整理され、母親との会話の中で日本語と英語が混在しない状況を作り出せるのだそうです。

 

■2:日本人同士の家庭はそれほど神経質になる必要はない?


時々「日本語もままならない子供に英語を教えると脳が混乱する」という人がいますが、夫婦どちらもが日本人の場合、子供を混乱させるほどの会話量になることはほとんどないのではないでしょうか。

もちろん日本人でもネイティブレベルに英語が話せるのなら、■1のケース同様注意が必要かもしれませんが、そうでないご家庭がほとんどだと仮定すると、「脳が混乱する」という心配は過剰にも思えます。

Go Globalの廣瀬英子さんはシカゴで長年暮らした経験から、その英語力はほぼネイティブレベルです。自身の子供には会話の半分を英語で行っているそうで、小学生低学年のお子さん2人はネイティブレベルの英語をきちんと理解できているのだとか。

もちろん日本語がおろそかになっているということはないそうで、日本語コミュニケーション力には問題ないことがわかりました。


■3:やっぱり子供の語学吸収力は抜群!


大人が英語を学ぶ際は“頭で考える”ため混乱しがちですが、子供の頭は本当に柔軟です。

アメリカに住む日本人とアメリカ人ハーフのお子さんは、「夏休みだけ日本の小学校に通う」という生活を続けているのですが、アメリカにいるときは日本語をほとんど忘れてしまっている子でも、夏休みの1カ月を日本の学校で過ごすだけですっかり脳が日本語になってしまうのだそうです。

また、子供は耳から聞いた言葉をそのまま発音できるので、英語耳が培われ、幼いころに外国語に親しんでいる子は大人になってもとてもきれいな発音を保つことができます。

 

以上、幼い子供に英会話を習わせるべきか否かについてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

幼い子供をもつ親は子供の英語学習で迷っておられる方も多いと思いますが、『一流の育て方』という書籍ではこのように書かれています。

<母国語の大切さを、外国語回避の言い訳にしてはならない。英語ができなければ「門前払い」の仕事も多い>

また、同書の調査によると「幼少期から外国語教育をしてほしかった」という声が多く聞かれるともありました。私たち世代が育ってきた時代とは全く違う世界を子供たちは生き抜いていかなければなりません。そう考えると英語力の必要性は、親が思う以上に重要な要素になってくるのかもしれません。



2016.5.26 ビズレディー から転載



にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
 



enmusubi5 at 10:16コメント(0) | 幼児英語  

2016年05月24日

海外の子どもの習い事事情 アメリカではスポーツが大人気?


子どもにどんな習い事をさせるか、いろいろ考えているママやパパも多いでしょう。日本ではスポーツや音楽、英語などの習い事の人気が高いですが、海外の子どもたちはどういった習い事をしているのでしょうか? 今回はアメリカの習い事事情をご紹介します。




アメリカの習い事はスポーツが大人気

アメリカの習い事では、男の子にも女の子にも共通してスポーツが大人気。日本の中学校の部活と違い、アメリカでは、中学校の体育会系の部活は「すでに上手で実績のある子」が入れるものであるため、小学校の低学年からスポーツに取り組む子どもがとても多いのです。
また、大学進学にもスポーツ分野での実績は有利です。アメリカの大学入学審査は、学力以外のさまざまな活動も考慮するので、特定のスポーツに秀でていることが大きなアドバンテージとなります。週1~2日程度の頻度で習い事をする子どもが多いですが、専門的にスポーツを習う子どもは、ほぼ毎日のように練習や試合があるのも珍しくありません。

スポーツの中でも、スイミングは男女ともに特に人気のある習い事。アメリカの小学校にはプールやスイミングの授業がないので、「プライベートで習いに行って泳げるようにしておこう」と考える親が多いようです。



男の子はチームスポーツを楽しむ

男の子には、野球、サッカー、アメフト、バスケットボール、アイスホッケーなどのチームスポーツが人気です。
日本との大きな違いは、季節ごとに違うチームスポーツをする子どもが多いこと。
春に野球やサッカー、秋にアメフト、冬にバスケットボールというのが、小学生の男の子によくあるパターンだそうです。
いずれも地域にクラブがあり、参加したい場合はシーズンごとにその都度申し込みます。好きなスポーツにシーズンごとでなく継続的に取り組みたい場合は、通年で練習をするレベルの高いクラブに入ります。遠征試合なども多く、時間も費用もかかるので、親子ともにかなり努力が必要です。



女の子はバレエやダンスが主流

女の子には、バレエやダンス、体操、新体操、フィギュアスケートなどがとても人気のあるスポーツの習い事です。小さい頃から続けてきた子どもは、習い事とひと言では済ませられないくらい本格的に取り組み、大会や遠征で忙しくなります。
また、アメリカでは女の子でもサッカー人気が高く、習い事としてサッカーをしている子どもがたくさんいますし、護身用に空手やテコンドーなどの格闘技を習っている子どもも多いのだとか。



広いアメリカでは、ご当地の習い事もいろいろ

例えば、海の近い地域ではサーフィン、山や丘の近い地域では乗馬などもポピュラーだそうです。自然の中で身体能力を養うことができるので、子どもでも楽しめそうです。
その他にも、自然と触れ合いながら押し花をしたり、塩の結晶を作ったりする科学教室や、隣国メキシコの公用語であるスペイン語を学ぶ教室などもあります。

自由の国アメリカでは、学校のカリキュラムに関係なく習い事を選択している傾向が強いようですね。


参考:「アメリカで結婚・出産・子育ての安心ガイド」山本美知子、斉藤由美子 著(亜紀書房)


2016.5.24 ベネッセ教育情報サイト


にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



enmusubi5 at 13:08コメント(0) | 習い事  

2016年05月17日

英才教育をすると「思いやりのない子」に育ってしまうって本当なの?


一生懸命、英才教育をしているママ。「そんなに小さいうちから勉強ばかりさせていると頭でっかちな子になるわよ。」「思いやりの心が育たないわよ」と非難されてしまいました。

果たして本当にそうなんでしょうか?

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子がお話します。

 


■「どんな大人になるか」は様々な要因が絡み合っている

これをやったから天才になる”“これをしたから優しい心が育つ”“これをしたから犯罪者になる”“こう育てたから非行に走ってしまった”の原因と結果。実は人の成長はそんなに単純なものではありません。

元々、ママとパパからもらった遺伝子。気質、体質、体格などある程度、決まっているものもありますが、もっと重要なのは環境因子です。

環境とは

(1)両親の育て方

(2)どんな家庭で育ったか

(3)保育園、幼稚園の先生の対応、小学校の担任

(4)友達関係

など複雑に絡み合って影響して一人の人間が作られていきます。だから「勉強ばかりさせている=頭でっかちになる」更に「思いやりの心が育たない」なんて短絡的でちょっと飛躍しすぎなんですよ。

 

 

■情報に振り回されてない?

“医者になるのは長男が多い”

この言葉を聞いてどう思いますか?

「ああ、やっぱり第一子は刺激が多いから頭よくなるのね」と思った人は要注意、流されるタイプです。

一人っ子だって長男。だから元々分母の長男の数が圧倒的に次男、三男よりも多いのです。だからそれに比例して医者になるパーセンテージも多くなるのは当たり前なのです。

“脳梗塞になる人は4時間前以上に白米を食べていた人が多い”

三度の食事の中で白米は一番多く食べられています。だから、脳梗塞になる人のパーセンテージも自動的に上がります。

これと同様にニュースで「東大生が犯罪を犯した」なんて流れると「勉強ばかりしていたから道徳心が育っていない」と根拠なく非難する人がいます。でも東大に行かないで犯罪を犯した人はもっと多くいるのです。

その情報を冷静に分析することが振り回されないコツですよ。

■勉強が出来ない方が心が折れる

英才教育はやり方によっては頭でっかちになることもありますが、全ての子に言えることではありません。ましてや思いやりの心が育つかどうかは別の問題です。

小学校に入学して自分の名前も読み書き出来ない、数が数えられない、時計が読めないと入学直後からつまずいてしまいます。

友達は自分の下駄箱を見つけ、黒板の文字をノートに写していても自分にはそれが出来ない。時計が読めないから休み時間の終わりがわからない。こうなると段々と自信がなくなります。中には「どうせ僕なんか」と自己否定する子も出てきます。

実際、小学校では算数が一番出来る子が算数の授業に集中しています。更に宿題も欲しがります。そしてきちんとやってきます。ますます学力がアップします。

これに対して算数がチンプンカンプンな子はわからないので授業に集中できません。苦手意識があるので宿題を嫌がります。結果、学力低下の悪循環が起こります。

わかるから楽しいのが人間です。勉強に対して苦手意識をもたせないようにすることも大切です。

 

いかがでしたか。

 “勉強ばかりしていた=優しくならない”なんて因果関係はありません。あったとしたら、勉強を無理強いされ、間違ったら罵倒されるなどの心理的虐待を受けたり、親から褒められなかったり、友達からいじめを受けたなど別の原因です。

物事はきちんと分けて考えましょうね。


2016.5.17  itmama


にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



enmusubi5 at 10:33コメント(0) | 英才教育  

にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ