2015年09月

2015年09月30日

知育玩具(2~3歳用)の選び方&おすすめ9選!


おもちゃは子どもが普段からずっと触れるものなので、子どもが気に入るものを慎重に選びたいですよね。

おもちゃの中でも「知育玩具」は楽しく遊びながら手先を鍛えることができたり、言葉を覚えられたりすることができます。

今では海外製のものを含め多くの知育玩具がおもちゃ屋さんに並んでいます。

今回は先輩パパママの知育玩具の選び方、おすすめ知育玩具をたっぷりご紹介します!

ぜひ参考に、お子さんにぴったりの知育玩具を選んであげてくださいね。

【1】あすあす(35歳)|0歳女の子のママ

【1-1】選んだポイントは?

・子どもが興味を持ちやすい内容であること
・子どもの手指の発達を促したり、頭を使ったりする工夫が施されているもの
・子どもの創造性を広げてくれるもの
・学ぶことの楽しさや、物事に粘り強く取り組むことの大切さを実感できるもの

子どもが遊んでいるうちに手先の訓練ができたらいいですよね。

また、子どもが興味をもちやすいおもちゃであれば、いつまでも飽きずに遊んでもらえますよね。

【1-2】HABA ひもとおし 洗濯日和

ボーネルンドの店頭で見て一目ぼれしました。

ひもとおしのおもちゃはたくさんありますが、単純な遊びだけにパーツに工夫がないとすぐに飽きてしまいそうですよね。

その点、この商品は、シャツやズボンなど子供が毎日着ている服の数々がパーツ化されていて、ひもに通すとちょうど洗濯ものを干したような形になるのでかわいいし、子供も「ごっこ遊び」のような気分で楽しく取り組んでくれそうです。

あすあすさんがおすすめしてくださった商品はHABA社のお話しビーズのシリーズですが、人気商品で売り切れている場合が多いです。

シリーズの中でも「フラワー」はちょうちょやはちやお花など、子どもが好きなビーズがいっぱいあって子どもも夢中になること間違いなしですよ。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら【1】HABA ひもとおし フラワー【2】ぷっぷ(38歳)|8歳男の子、5歳男の子のママ

【2-1】選んだポイントは?

・子どもが興味を持って遊んでくれること。
・常に親が一緒に遊ばなくても、子ども一人でも遊べること。
・安全であること。

ママと一緒にしか遊べなかった子どもも、次第に一人で遊べるようになります。

一人遊びができるようなおもちゃを選んであげることも大切ですよね。

【2-2】セガトイズ アンパンマン おしゃべりいっぱいことばずかん

・子どもがアンパンマンブームの時期に、テレビのコマーシャルでこちらの商品が流れていて、子どもも興味を持っていたし、いろいろな遊び方をしながら言葉を学べそうだと思い購入しました。

・タッチペンに電池を入れ、ページをタッチするとアンパンマンや他のキャラクターがおしゃべりをします。動物、建物、乗り物、食べ物、楽器など、見開きページでテーマに別れていて、絵をタッチペンで触ると名前だけでなくその音も流れます。

・タッチをするだけでおしゃべりしてくれるので、一人で遊んでくれるのも便利です。知らない間に、いろいろな言葉を覚えていてびっくりしました。

・クイズやアルファベット等もあり、幼稚園まで長く遊べます。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら【2】セガトイズ アンパンマン おしゃべりいっぱいことばずかん【3】TK(35歳)|2歳女の子、1歳男の子のママ

【3-1】選んだポイントは?

・30曲の歌が入っていて、スイッチを押して一緒に歌って遊ぶことができる
・ピアノをみよう見まねで弾くことができる

たくさん歌が入っていると、子どもが覚える歌も増えます。また、歌から言葉を覚えることもできますよ。

本であればお出かけ先などにも持っていくことができて便利ですよね。

【3-2】東京書店 たのしいきょくいっぱいピアノであそぼ!

0歳の頃から与えていますが、最近、2歳を過ぎてからしっかり遊べるようになりました。

30曲の歌が入っているおうた絵本で、スイッチを押すと曲が流れます。それに合わせてピアノを弾くこともできて、親が伴奏をすると、子供も「やりたい!」と真似をしてでたらめな音階を弾いています。

「がけのうえのポニョ」などジブリ作品の歌も入っています。

30曲入っているので、旅行に持っていっても時間が潰せます。ピアノ以外にもっきんの音も選べます。

このスポットの基本情報、口コミはこちら【3】東京書店 たのしいきょくいっぱいピアノであそぼ!【4】りすこ(30歳)|4歳男の子、0歳女の子のママ

【4-1】選んだポイントは?

・たくさんの遊びができること 
・木でできたおもちゃでインテリアとしても可愛いこと 
・長い期間使用できること 
・安全に配慮したおもちゃであること

一つのおもちゃで、色々な使い方ができるおもちゃは子どもの想像力を養うことができるのでいいですよね。

また、見た目が可愛いおもちゃであれば、遊ばなくなってもインテリアとして活躍できますね。

【4-2】ニック社 プラステン

棒が5本ついた台に赤、青、黄色、緑、白木のコマ各10個がさせるようになっています。

ルールはなく子供の想像力のまま好きなように遊びます。

紐通し、積み木、棒さし、おままごとなど0歳から大人まで楽しめてインテリアで置いているだけでナチュラルでおすすめです。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら【4】ニック社 プラステン【5】piglet(37歳)|3歳男の子のママ

【5-1】選んだポイントは?

・一つの玩具で何通りにも遊べる。
・知性を育むように設計されている。
・色がカラフルで子供をひきつける配色であること。

子どもは、カラフルなものを好みますよね。

おもちゃはカラフルなものを選んであげると子どもも喜びますね。

【5-2】ボーネルンド ジョイトーイ ルーピング 汽車

対象年齢1歳~なので、当時の誕生日に購入しましたが、3歳になった今でも4種のワイヤーに通されたボールを動かしてよく遊んでいます。

赤・黄・青・緑のワイヤーにボールが通っていて、一人で遊ぶ他、2人でじゃんけんをしてボールをひとつずつ動かし競ったりと多様な遊び方がありますので、この先も重宝しそうです。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら【5】ボーネルンド ジョイトーイ ルーピング 汽車【6】なな(36歳)|4歳男の子のママ

【6-1】選んだポイントは?

・子どもの自由な行動や思考が発揮出来るもの
・好奇心を持たせてくれるもの
・遊びを通して人との関わりが持てるもの

子どもはあまり凝ったものではなく、シンプルなものでも自由に遊ぶことができるようになります。

自由な行動が発揮できるおもちゃは子どもには一番のおもちゃなのかもしれませんね。

【6-2】パイロットインキ スイスイおえかき

水を入れたペンを使って書くお絵かきなので、机や床を汚す心配がありません。

乾けば何度でもかけるし、シートが大きいのでスペースを気にせずお絵かきが楽しめます。

シートの周りには、身近なものの絵と名前が書いてあるので、言葉も覚えられ、絵を真似して書くという遊びも出来ておすすめです。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら【6】パイロットインキ スイスイおえかき【7】つむじ(32歳)|3歳女の子、4か月男の子のママ

【7-1】選んだポイントは?

・本人が興味あるもの
・親の趣味に合うもの
・一つで何通りかの遊びができるもの
・長く使えそうなもの

おもちゃを買う際には、本人が興味がありこのおもちゃで遊んでくれるかということがポイントとなります。

普段の子どもの様子をよく見ておもちゃを選んであげたいですよね。

【7-2】エド・インター えほんトイっしょ チーズくんのおいしいスープ

絵本と木製のおままごとセットが一緒になっているおもちゃです。2歳前に使うだろうと思い、購入しました。

初めは絵本よりも野菜を切るのがメインでした。その頃は絵本なくても良かったじゃんとガッカリしましたが、徐々に絵本の内容を理解し始め、絵本と同じようなことをしだしていました。

「お料理の前は手をあらうんだよね?」「指出したら危ないんだよね?」と私が教える前に言って、周りを驚かせてくれました。

実際、絵本で得た知識をフル活用しながらお手伝いしてくれています。

このスポットの基本情報、口コミはこちら【7】エド・インター えほんトイっしょ チーズくんのおいしいスープ【8】ののママ(29歳)|4歳女の子、2歳男の子のママ

【8-1】選んだポイントは?

手先が少しずつ器用に使えるようになってきたり、おもちゃの遊び方がわかってくるようになるので、頭を少し使って遊べるものを選ぶようにします。

少しずつ手先が使えるようになってきたら、子どものできることに応じておもちゃを選んであげると子どもが夢中になって遊んでくれますよね。

【8-2】パパジーノ エルファ エコ・ハンティング EL002

2歳になったばかりの頃は、釣り遊びを楽しみながら動物の名前を覚えていき、3歳近くになってきたら少しずつ一人でパズルができるようになります。

遊び方色々で長く使えるおもちゃで、とてもおすすめです。

また2層式になっているので、単純なパズルよりは少し頭をひねらせるおもちゃになっています。

海シリーズもあります。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら【8】パパジーノ エルファ エコ・ハンティング EL002【9】niwako(31歳)|2歳女の子のママ

【9-1】選んだポイントは?

・手先を動かしながら遊べるか 
・自分一人で遊べるか 
・パズルのような工夫があるか 
・ひらがな、アルファベット、数字など勉強できるものか

普段遊ぶおもちゃの中にアルファベットなどが入っていれば、ママが一緒に遊びながら教えてあげれば自然に覚えることができますよね。

【9-2】メリッサ&ダグ See Inside アルファベット

簡単なパズルができるようになってきたので、パズルのようで文字が勉強できるものをさがしていたところに、とてもかわいいメリッサ&ダグのアルファベットパズルを発見。

パズルの中の絵も可愛くてとても気に入っています。

娘は何度も繰り返しパズルで遊べたので買ってよかったです。

まだアルファベットは理解していないようなので今後はそれを勉強していくときに使えるといいなと思います。

このスポットの基本情報、口コミはこちら【9】メリッサ&ダグ See Inside アルファベットまとめ

知育玩具の選び方とおすすめいかがでしたでしょうか?

知育玩具と言っても手先を動かすものや、歌や言葉を覚えられるものまで様々な種類のものがありますね。

子どもによってできることや興味のあることが違いますので、今回のおすすめを参考に是非知育玩具を探してみて下さいね。



enmusubi5 at 15:16コメント(0) | 知育玩具  

2015年09月28日

わが子が将来ダメ人間に?絶対やってはいけない「親の過保護」4つ

WooRis から引用  2015.9.28


■1:子どもの気持ちを先回りしてしまう

ちょっとしたしぐさや表情から子どもの気持ちを察して、子どもが何も言わなくてもその欲求をかなえてあげている、という心当たりはありませんか?

気が利くママほど要注意!子どもの“伝える力”の成長を妨げるNG習慣」によれば、こうした親の先回り癖は、子どもにとって“意思を自分で伝える訓練”の妨げになってしまうといいます。

子どもが「~したい」「~してほしい」ときちんと気持ちを言葉にして伝えられるように、お母さんは先回りしすぎるのはやめましょう。

「どうしたの?」「あなたはどう思う?」など、なるべく質問形式で子どもの言葉を引き出すようにしてみてください。

 

■2:危ないことは一切させない

子どもが高いところによじのぼったり、そこから飛び降りようとしたりするのを見ると「危ない!」と肝を冷やしますよね。

ただ、危ないからといって子どもの活動を制限しすぎるのは考えもの。「危ないからダメ…はNG!保育士が教える“子どもを運動音痴”にしない為の言動」によれば、子どもは高いところにのぼることでバランス感覚を養っているのだそうです。

子どもをじっとおとなしくさせておくと、バランス感覚が未発達なままで運動音痴になってしまうおそれがあります。

もちろん、大ケガをするような事態でも放置しろというわけではありませんが、公園の遊具などではできるだけ伸び伸びと飽きるまで遊ばせてあげましょう。

 

■3:子どもの身の回りのことは全部やってあげる

子どもがもう小学生になるのに、子ども部屋のそうじ、学校へ持参するものの準備、遠足のしたくなど、子ども自身に関することを親が率先してやってしまっていませんか?

「ああ勘違い…子どもをダメ人間にする“痛い親バカ”2種」によれば、親が甲斐甲斐しく子どもの世話を焼きすぎると、子どもは「面倒なことは全てママがやってくれるから」と自堕落なダメ人間になってしまうといいます。

子どもには、自分の身のまわりのことは自分でやらせるようにしましょう。また、お手伝いは、子どものクリエイティブな能力を引き出す効果があるとのことです。「とにかく勉強に集中できるように」と子どもを家事から遠ざけないようにしましょう。

 

■4:心配のあまり子どものプライバシーを侵害する

子どもがだんだん親離れして何でも話してくれなくなると、「どんな友達と仲良くしているのだろう?」「学校でうまくやってるのかしら?」と気を揉むお母さんもいることでしょう。

でも、いくら心配だからといって、子どもの携帯や引き出しの中をチェック……というのは明らかにやりすぎ!

「“よかれ”と思って我が子をダメにする母親の過干渉3種」によれば、親に信用されていないことを子どもが実感すると、ストレスがたまるだけでなく、自己肯定感が低まり、自分を大切にしない子どもになるとのことです。

子どものプライバシーを侵害するようなまねは絶対にやめましょう。もし、ずっと浮かない表情をしている、食欲がない日が続くなど、目に見える異変があれば、「どうしたの?」と直接尋ねればいい話です。

 

以上、子どもの成長の妨げになる親の過保護4つをお届けしましたがいかがでしたか?

いずれも子を思えばこそやりがちなものですが、心当たりのある方は、子どもをガッチリ守るよりも“見守る”ことを心がけてみましょう。



にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



enmusubi5 at 21:40コメント(0) | アドバイス  

2015年09月27日

注目すべきは努力の過程!オリンピック選手コーチに学ぶ「子どもの伸ばし方」

WooRis  から引用  2015.9.25


だんだんと 涼しくなってきました。食欲の秋、スポーツの秋、そして秋の夜長を読書で楽しむ、などと何をするにも良いシーズンです。お受験などは、いよいよ準備も本番を迎える頃ではないでしょうか。

お子さんの実力を伸ばすには親が、“子どもの努力している過程や、何かができるようになるまでに注目してあげる”と、グッと実力が伸びるといいます。

しかも、このことを親が知っているだけで、お子さんの実力の伸びが変わってくると言うのです。これは知っておかないと損ですよね?

そこで今回は、教育コンサルタントの野村るり子さんの著書『3年あれば天才は育つ!』を参考に、“子どもの実力を伸ばすちょっとした方法”を紹介します。


 

■できた“瞬間”より、できるまでの“経過”に注目する

<子どもは無限の可能性を秘めています。才能を上手に引き出して、可能性の場を与えてあげるのは、親の務めではないでしょうか。にもかかわらず、すぐに結果を求める親が少なくありません。>

確かに、親としては、つい焦って「なんで1回でできないの?」とか、「お兄ちゃんはできたのに……」などと思ったり、言ってしまうことってありますよね?

しかし、こうしてすぐに結果を求めてしまうことは、子どもの発達にとってはあまり良いことではありません。

子どもは、みな独自のペースで発達していきます。その子の持つ発達のペースを尊重して“できるまでの過程”を大事にしてあげることが大切だというのです。


 

■不器用でも努力を続けることが大切

<「要領よく短時間で結果を出す努力をしない子ども」と「不器用でも確実に努力を続ける子ども」がいた場合、後者が前者を抜くことを知っていたからです。>

これは、本書に書かれている世界的な体操のオリンピック選手を数多く育ててきた、コーチの指導方針です。必ず選手の、”できるまでの過程”を根気よく見つめながら、適切なアドバイスを送り続けて、その子の才能を開花させてあげることができると言うのです。

この指導方針を、そのまま親が、我が子を見守る時の姿勢と置き換えると良いのではないでしょうか?

結果だけを見るのではなく、できるまで努力する過程をよく見つめ、その努力に、付かず離れず、寄り添うこと。そうした親の姿勢が、子どもの実力をグッと伸ばす秘訣でもあるというのです。

 

以上、“子どもの実力を伸ばすちょっとした方法”でしたがいかがだったでしょうか?

受験に向けて勉強に励むお子さんや、スポーツや音楽の大会などを目指しているお子さんを持つ親は、このことを知っているだけで、お子さんに対する姿勢が変わってきますよね。

ぜひ、その子に寄り添って“過程”を上手に認めて、励ましてあげてください。お子さんの実力がグッと伸びてくるのを実感できるようになるでしょう。



にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



enmusubi5 at 01:32コメント(0) | 子どもの才能  

2015年09月17日

子どもの学力をあげるには「インプットにご褒美」をあげるべき?


教育学者や先生と言われている人が語る教育論でさえ、ほとんどの場合が、自身の経験に基づくものであることが多いと思います。ゆえに、その教育論が誰にでも当てはまる訳ではありませんよね。

こういった点に疑問を持ったことはないでしょうか?

そこで今回は慶應義塾大学総合政策学部准教授で教育経済学を専門とする中室牧子さんの著書『「学力」の経済学』を参考に、“データから見る、目から鱗の教育方法”を紹介します。


 

■“今勉強しておくのがあなたのため”は経済学的には正しい

<おそらく多くのご両親が口にしたことがあるはずのこの言葉は、経済学的にも正しいことが明らかになっています。子どものころにちゃんと勉強しておくことは、将来の収入を高めることにつながるのです。>

経済学には、“教育の収益率”という概念があるようで、実際、教育投資への収益率は株や債券などの金融資産への投資と比べても高いことが、多くの研究で明らかになっているとのことです。

子どものころの教育は、とても大事だということがデータで証明されているのですね。もちろん教育学者の個人的な経験からくる見立ても、非常に大事ですが、こうしたデータでの証明も、かなり説得力を持つのではないでしょうか。


 

■勉強させるためにご褒美で釣るのは良いことか?


経済学的な観点から言うと、実はご褒美で釣ることは良いこととされているようです。つまり、子どもの学力が上がった、というデータが得られているというのです。

ただし、そのご褒美の設定の仕方によっては効果がないこともあるといいます。どういったご褒美の設定がいいのでしょうか。

ご褒美の設定には、“テストで良い点を取ったらご褒美をあげる”というアウトプット型と、例えば“本を一冊読んだらご褒美をあげる”というインプット型があるのですが、子どもの成績を上げたかったら、なんとインプット型が良いというのです。

<数あるインプットの中でも、本を読むごとにご褒美を与えられた子どもたちの学力の上昇は顕著でした。一方で、アウトプットにご褒美を与えられた子どもたちの学力は、意外にも、全く改善されませんでした。>

というように、「ご褒美をあげることで学力は上がりもするし、変わらない場合もある」ということがデータからハッキリするというのです。

経験に基づいた教育論としては、「ご褒美で子どもを釣るのは良くない!」と言いがちではないかと思いますが、データでみると実はそれが違う、ということです。

 

以上、“データから見る、目から鱗の教育方法”でしたがいかがだったでしょうか? 子どもの教育というのは、やはりとても難しいものですね。

こうした客観的なデータを取り入れて、ぜひ子どもの能力を飛躍的に伸ばしてあげてください。


引用  2015.9.17  WooRis



enmusubi5 at 22:29コメント(0) | 子育て  

2015年09月16日

天才が育つ? 簡単で効果絶大な「ユダヤ式」子育てとは?


我が家はお兄ちゃんが小さい時から、ほぼ毎日、本の読み聞かせをし、物語を話してから寝る、というパターンになっています。

2週間に1度、図書館で20~30冊借りてきて毎晩読んでいます。

最近では1歳の次男も、「俺にも本を読んでくれ」と言いたげに、自分で絵本を選んで持ってくるようになりました。もちろん、まだ読めないのですが。


■ユダヤ人の家庭は本が溢れている

ユダヤ人の国際弁護士アンドリュー・J・サターさんの『「与える」より「引き出す」! ユダヤ式「天才」教育のレシピ』という本を読んで、「本を読むことの大切さ」を実感したので、かなり以前から意識的に多くやっていました。

ユダヤ人は世界で1300万人とむちゃくちゃ少ないのに、なぜ世界的に起業家やノーベル賞受賞者が多く、世界の金融界やビジネス界を牛耳っていると言われているほどに、天才が多いのか? どういう教育をしているのか?といったことがこの本には書かれています。

ポイントとなるのは、小さい頃から本に触れさせる環境だというのです。

とはいえ、本を強制的に読ませる必要や、読むことを働きかける必要は全くなく、とにかく家中に本を溢れさせておくだけ。ただし、親自身も読書を楽しむことが大切だと書かれています。



■ユダヤ人は「頭」に投資する

歴史的に迫害を受けてきたユダヤ人は、自分の頭こそが最も頼れるものだと信じており、そこに最も投資をする、つまり教育への投資を非常に重視しています。

ただし、ここで面白いのは、それが決して詰め込み教育ではない、ということです。

日本で、「教育に投資をする」というと、つい詰め込み教育を連想してしまいがちですが、彼らは違います。

彼らの教育は、「子どもの持っているものを引き出す」ということに重きが置かれており、Education(教育)の語源となったラテン語の「エデュカーレ」(引き出す)ということを重視しているのです。

元来、Educationは「引き出す」という意味だったというのです。

一般的な教育は「与える・強制する・教える」ものだが、ユダヤ式家庭教育は「子供の力を引き出す」ものである、ということです。すべての鍵はここにある

その「引き出す」方法として、家中に本を溢れさせておいて、興味をもったことを、いつでもどこでも勝手に読めるようにしておく、あるいは何かあった時に、すぐに調べられるようにしておく。家が図書館状態になっていることが、ユダヤ人に共通する家庭環境のようです。

また親が本を読む姿を見せる、というのも大きなポイントになるというのです。


■教えるのは「学ぶことは楽しい」ということだけ

ただし、こうした「引き出す」ことに重きを置いている教育方針の中で、唯一教えることがある、と言います。

それは、

「一番大事なのは、学ぶのは楽しいことだと教えること」

だというのです。

一度、学ぶことは楽しい、と感じた子どもは放っておいても好きなことを見つけて、どんどんそこにのめり込むようになるのだ、ということです。

そうした世界に、一番手っ取り早く身近に触れることができるのが本の世界なのです。

だからありとあらゆる本を、氾濫させておくのでしょう。これがユダヤ人が歴史的に成功者が多い秘訣だというのです。

うちのお兄ちゃんは、本好きにはなってきているようですが、今は仮面ライダーとかウルトラマンとかの戦いものが大好きで、大人になったら「ヒーローになりたい」と言っています。

完全に「本好き」の意味が全くない状態ですが……。


引用  2015.9.16  ライブドアニュース 


にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ


enmusubi5 at 14:47コメント(0) | 子育て  

にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ