2015年06月

2015年06月28日

まばたきが多いと芸術家タイプ!? わが子の「秘めた才能」を引き出す習い事の選び方とは

2015.6.28  ヤフービューティーから引用



子どもが小さなうちから「なにか、習い事をさせたいな」と思っても、水泳、ピアノ、英語、ダンスなど多種多様な習い事がある中で、我が子に何をさせたら良いのか悩むママも多いのではないでしょうか?


ベネッセ教育総合研究所調べによると、年少児で何かしらの習い事をしているのは首都圏全体で45.5%、年長児になると74.3%と7割を超える子どもが習い事をしているとのこと。


親としては、子どもが本当にやりたい事で才能を発揮できる習い事をさせてあげたいですよね。

今回はヨガインストラクターでアーユルヴェーダアドバイザーの筆者が、アーユルヴェーダの観点から子どもの生まれ持った体質と将来どのような才能を発揮しやすいのかをお伝えします。


 

我が子はどんな体質?


アーユルヴェーダでは、この世界は地・水・火・風・空という5大元素で成り立っていると考えられています。これと同じように、人間の身体も“ヴァータ(風・空)”“ピッタ(火・水)”“カパ(水・地)”の3つの性質により骨・筋肉・内臓を構成したり、生きるための大切な生理的機能つくりだしていると考えます。

基本的に私たちの身体にはこの3つの要素が全て揃っているのですが、人によってそのバランスが異なります。そのため、3つのうちのどの要素が多いかによって体質が人によって異なるのです。



●「ヴァータ体質」の子どもの特徴


痩せている・乾燥肌・切れ長の目・歯並びが悪い・便秘気味・風邪をひきやすい・体力がない・よく喋る・まばたきが多い



●「ピッタ体質」の子どもの特徴


筋肉がつきやすい・日焼けしやすい・よく汗をかく・はっきりとした目鼻立ち・しっかりもの・お友達の中でしきるタイプ・怒りやすい


●「カパ体質」の子どもの特徴


ぽっちゃり体系・色白・目が大きい・髪が黒く太くて豊富・物覚えが遅い・行動がゆったり・人見知り・口数が少ない・温厚で愛情深い



我が子に秘められた隠れた才能とは?


1)ヴァータ体質の子どもの才能

とにかくコミュニケーション能力に優れていますので、人前で話す仕事に向いています。また芸術家に多いのもこのタイプです。常に妄想にふける癖があり、ふとした時にイメージが湧き、創造力が豊かで、独自性あるものを生み出す力があります。

このタイプは常に色んなものに興味が出て熱しやすく冷めやすいため、ちょっとやってみて、でもすぐに飽きて辞めてしまいます。色んなことをやる中で「これだ!」とのめり込めるものを一緒に探してみましょう。


 

2)ピッタ体質の子どもの才能


理論的で頭の回転が速いタイプ。悪は許さない性格ですので、相手が誰であれ「それはダメだよ!」と言えます。そんなしっかりとした信念のある性格ですので自然とリーダーになりやすい存在。

頭がきれて人を率いることができますので、経営者にも多いタイプです。正義感に溢れ、熱い性格なので人を助ける仕事やスポーツ選手・教師なんかも向いているかもしれません。

このタイプの子も色んなものに興味を持ちやすいです。子どもながら冷静に心の中でそれを見極める力がありますので、任せていても自分で道を切り開いていけそうです。


 

3)カパ体質の子どもの才能


やさしさに溢れている平和主義のこのタイプは、人のために何か役にたちたいと強く思う傾向があります。看護師さんや、やわらかい性格を生かし保育園・幼稚園の先生にも向いています。体力は1番あるタイプですので、重労働にも耐えられます。

「これが習いたい!」と自ら言い出すには時間がかかるかもしれません。なにせ新たな地に乗り込むのは苦手なタイプですので、そこはうまくママがサポートしてあげましょう!


 

いかがでしたか。

我が子が生まれながらの才能をうまく発揮できるように、そして、今後の習い事計画の参考にしてみてくださいね。才能を発揮できる習い事が見つかるまで、温かくサポートしてあげましょう。



にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



enmusubi5 at 02:06コメント(0) | 子どもの才能  

2015年06月25日

子どもに英語を学ばせるなら何歳からがベスト?

2015.6.25  Doctors Me 医師監修コラム  から引用


子どもに英語を学ばせるなら何歳からがベスト?


近年、幼児期の習いごととして英会話はとても人気があります。0歳児のうちから英語を習わせた方がいいという意見があるいっぽうで、日本語でしっかりコミュニケーションが取れるようになる5歳頃からがいいという意見も。

一体、何才から始めるのが理想的なのでしょうか?


聞き取り、発音などは6歳までがベター


聞き取り能力や発音能力を習得するのに最もふさわしい時期は、脳が発達する幼児期までとされています。
人間の脳は6歳を過ぎると急激に成長のスピードが落ち、10歳頃にはほぼ成長が止まるといわれているのです。

つまり、6歳頃までにたくさんの英語、できればネイティブスピーカーの発音に触れさせるほうがよいでしょう。それにより、日本語だけではなく英語の発音を聞きとる回路を脳に形成することができるのです。



音声及び構文のリズム感は10歳までに



また、発声器官と密接な繋がりのある聴覚器官の完成時期は10歳前後といわれています。つまり、この時期は、聞き取った構文のリズム感を身につけやすいといえるでしょう。



単語や文法の習得は、成長してからでも遅くない。



単語の習得などは一生発達が望める言語分野。幼い子どもの方が優れているという証拠はほとんどありません。発音面以外の文法や文の構成、語彙などは成熟した子どもや大人のほうが優れているという研究結果もあるほどです。

このように、年齢に合わせて覚えやすい分野というのがあるので、その時期も参考に子どもに語学を学ばせるのがよいのではないでしょうか。


(Doctors Me 医師監修コラム)



にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ



enmusubi5 at 17:57コメント(0) | 幼児英語 | 習い事 

芸術の道へ! 子どもの才能を伸ばすにはどうしたらいい?

ママスタセレクトから引用  2015.6.15




芸術の道へ! 子どもの才能を伸ばすにはどうしたらいい?


親として、子どもがやりたいこと、興味があることに対してできるだけ可能性を伸ばしてあげたいと思うものです。子どもの感性を高めるには、どんなことをしてあげると良いのでしょうか?



■アート展や粘土づくりがオススメ

絵を描くのが得意な、小3のお子さんを持つママは「芸術の世界で成功するのは難しいけれど、学業の邪魔にならない程度に才能を伸ばしてあげたい」と考えているようです。何か良い方法はないか、みなさんの意見を聞いてみましょう。

『石膏粘土で自由にアニメや漫画のフィギュアなどを作らせてみるといいかも。粘土で遊ぶ感覚で、骨格や筋肉の付き方もつかめるし。あとは、美しいもの(鉱物や花など)を見せてあげると、インスピレーションに繋がって良いと思います』

『模写がうまいってことは、風景画や自画像を写実的に描くのが上手なんじゃない? 公園にスケッチに行くとか、家の中の静物を一緒に描いてみるとかどう?』

『美しいものを見せるのがいいと思う。美術館に行って名画を見るのもいい。写真で見るより現物は本当にすごいよ。息子さんは、吸収したものをすぐに自分の力として表すことができるみたいだから、ジャンルを問わずいろんなものを見せるといいと思う』




■絵画教室は、型にはめこみがち?

絵画教室に通うことは魅力的に見えますが、実際に通ったことのある人は「決まったものを決まったように」描かせることに違和感を感じた経験があるようです。

『子どもが持っているタッチ(ライン、画線)が強制されてしまうと、本来のタッチが失われて、教室の先生のコピーになってしまうことがあります』

『芸術は独学だから、描きたいときに好きな絵を好きなだけ描かせるのが良いよ。デッサン教室で興味のないモデルを淡々と描かせるのは逆効果。私はそのせいで絵が描けなくなった』

『デッサン力は重要ですが、デッサンを習って絵が嫌いになる子も多いです。美術系の中学受験を考えていないなら、今は漫画の絵でも何でも好きなものを思い切り描かせてあげて』

基礎となるデッサン力を教室で養うことも力になりますが、小さなうちは描きたいときに描きたいようにさせることが「好き」を伸ばすことにつながるのかもしれませんね。




enmusubi5 at 17:49コメント(0) | 子どもの才能  

才能があるのかも!わが子にかかる習い事費用の増加


子どもの才能が開花! 親からすれば、願ってもないことですよね。さらなる開花のため、サポートに務めたいところですが、悩んでしまうのはやはり金銭的な問題のようです。


■月謝だけに終わらない「習い事」費用


子どもをある習い事に通わせているママは「みるみる上達し、大会への遠征などで予想外の出費が重なっている。応援したいけど今後の家計が心配だ」という悩みがあるようです。

『どの習い事でも、子に非凡な才能があると辞めさせるわけにもいかず、さらに上の先生につくためのレッスン料、道具代、遠征代、合宿代、参加費、もろもろかかるようになる』

出典:http://mamastar.jp



『子どもが多いから月々の習い事の合計金額や、それに関わる時間の拘束など親の負担が大きいです。今は貯金から出しているけど、上の子はそろそろ大学だし、下の子たちの大学までとなるともたないと思う。だからって、子どもの習い事を減らしたりはしたくないし、どうやりくりするか悩み中』

出典:http://mamastar.jp


『習い事って遠征とか送迎、大会、準備とかお金以外でも母親の負担ってハンパないよね』

出典:http://mamastar.jp




■子どもと話し合い、将来を見据えた選択を


才能が開花したまではいいが、その後の進路を考えることも必要です。スポーツの場合、プロになれる人は一握りです。親としてどこまで応援したらいいのか悩みますよね。

『ある程度の年齢になったら、将来について子どもと話し合うことも必要だと思う。怪我をしてスポーツを続けられなくなったときの場合も含めて』

出典:http://mamastar.jp



『知人の息子さんはスポーツ推薦で進学、大学のときにはスポンサーを自分で見つけて続けていましたよ。お子さん全員が小学生になったら、フルでお仕事をされるのが一番良いと思います』

出典:http://mamastar.jp



『県から補助金が出る人、スポンサーがつく人、ママも働きながらサポートしている人もいれば、兄弟みんなが優秀でそれぞれに難なくお金をかけている人もいる。スポーツの才能があってどんなに成績が優秀でも、スポーツだけで食べていくのは難しいからって中学で勉強優先に切り替える人もいるよ』

出典:http://mamastar.jp



せっかく芽生えた子どもの才能を、親が摘み取るようなことは避けたいものですよね。金銭的にどうしても難しいのであれば家計を見直し、家族全員で意見を出し合ってみるのもいいかもしれませんね。




enmusubi5 at 17:46コメント(0) | 習い事  

わが子が変わる! アメリカ発「天才遺伝子の育て方」

プレジデントから引用   2015年6月20日



天才をつくるのは、遺伝か環境か──。長く続くその論争に全米注目のスポーツ科学ジャーナリストが答える。最新の遺伝子研究とスポーツの観点から、子どもの才能に迫る。



■天才遺伝子に惑わされる、早期英才教育の危険性

 残念ながら、今ブームになっている遺伝子検査はそれほど万能ではない。国を代表するトップレベルのアスリートが、トレーニングの成果に決定的に影響する遺伝子をもっているかどうかを検査することは重要だろう。だが、一般人向けの遺伝子検査はまだまだ未完成で、そのほとんどが企業の情報収集か金儲けを目的にしている。

 あなたの子どもに特定の能力に秀でている遺伝子が見つかったとしても、その能力を形成する遺伝子のほんの一部が見つかったにすぎないのだ。つまり、そうした一般向けの遺伝子検査の結果は、実際にその遺伝子情報に従って子どもの習い事やトレーニングを今すぐ限定していくほどの情報ではないということに気付いてほしい。

 日本でも子どもが幼いうちに遺伝子検査を受けさせて、短距離に向いている遺伝子が見つかれば、それに特化して訓練させるのがベストであるといった間違った考えをもつ親がいるのではないだろうか。著書“The Sports Gene”(邦題『スポーツ遺伝子は勝者を決めるか? 』)を2013年に上梓してから、全米のトレーナーやチームからも遺伝子検査について多くの質問を受けてきた。

 プロテニス選手のロジャー・フェデラーの親は、彼が小さい頃にバドミントン、バスケットボール、サッカーなどいろいろなスポーツを体験させ、テニスに絞らせたのはずっと後だった。スティーブ・ナッシュというNBAバスケットボール選手も13歳までバスケットボールを触ったことがなく、12歳まではそれ以外の様々なスポーツを楽しんだそうだ。身長はそれほど高くないにもかかわらず、MVPを2回獲得しているほど優秀な選手となっている。

 これらの一流選手の例からも言えるように、12歳くらいまでは様々なことを試す時期と位置付けることが重要なのだ。10歳の一流選手をつくる必要はない。20歳で成功すればいいのだ。実際に、早期に子どもの専門を絞りすぎることで、その才能を伸ばせず、失敗した例がアメリカで多く報告されてきた。

 だから、子どもに遺伝子検査し、短距離に向いていることがわかったとしても短距離だけに特化して訓練することはやめたほうがいい。

 これはスポーツだけではなく、音楽にも当てはまることがわかっている。早期に一つの楽器に集中するのではなく、いろいろな楽器をやることで最終的に自分に合った楽器が見つかり、幼い頃から練習していた人を軽く凌駕することはよくあることだ。



■“コツコツ努力で成功”根性論が天才をつぶす

 早くに道を限定しない環境は大事である。一方で、子どもの才能をつぶさないもうひとつの重要な点は、時間さえかければ必ず一流になれるわけでもないということだ。「どの分野でも1万時間訓練すればプロになれる」という“1万時間神話”がスポーツの世界ではまことしやかにささやかれている。

 過去に、オーストラリアで実際にこの1万時間神話を信じ、実行しているサッカー・コーチに会ったことがある。そのコーチが最初にやったことは、八歳の子どもに対してサッカー以外のスポーツを禁止することだった。これはまさに早期に専門を絞ることの危険性を体現しているような状態だった。

 ところが調べてみると、この1万時間という数字は、実は30人程度の音楽アカデミーのバイオリニストへの調査から導き出されたものだった。しかも、調査の母体はすでにトップレベルにある人たち。これでは、神話がバイオリニストになりたい多くの子どもたちの現実となることを証明はできない。

 現実には、個人差がかなりある。3000時間で国際的なレベルに達する人もいれば、2万5000時間訓練してもそのレベルに達さない人もいる。平均的な数字にとらわれると、個人差を理解するときの障害になってしまう。1万時間訓練したので、そのレベルに達しているはずだ、という錯覚に陥る。それを自分の子どもに強いることは、非常に危険なことなのだ。


■才能を伸ばすなら選択肢をオープンに

 私が調査してきたスポーツ科学と遺伝子の関係からわかったことは、子どもの成功は長期的な視点で見なければならないということである。早期に訓練を受けた子ども、特に女の子は、ほとんどが16歳になるまでにその分野から離れてしまっているというデータもある。

 「将来一流になるのなら、早くに芽が出るはず」、という思いは捨てるべきだ。自分の子どもが優れていることが早くに明確にならないことは、親からすれば不安かもしれない。しかし、子ども自身は親が与えた道にのっているにすぎず、これから広がる可能性のある道を親が狭めてはいけないのだ。

 子どもを伸ばすもうひとつのキーワードは“暗黙的学習”だ。これは言語を学ぶときに文法などの説明を受けて学んでいく“明示的学習”に対して、周囲の人が話す言葉などをシャワーのように浴びる中で習得するという方法を指す。子どもは文法を教えられなくても、周囲の人の言葉を聞いて育つ中で、その言語を習得し話し始める。文法などを教えて正しく使えるように修正していくのは、話せるようになったずっと後からでかまわないのだ。

 これをスポーツに適用すると、子どもに対して最初から絞ったことを教えるよりも、多様なスポーツに挑戦させ、専門的で技術的なことをあとから教えるということだ。しかし、実際には先に技術を教えてしまうことが多い。その結果、子どものポテンシャルを破壊してしまう結果になってしまうのである。

 将来の“一流”を育てるには幼いときの広い選択肢が必要である。これまで信じられていた天才の育て方と反対であっても、耳を傾けてもらえたらうれしい。


----------
スポーツ科学ジャーナリスト
David Epstein(デイヴィッド・エプスタイン)
米国出身。 コロンビア大学大学院修士課程修了(環境科学、ジャーナリズム専攻)。「スポーツ・イラストレイテッド」誌のシニア・ライター。同誌でスポーツ科学、医学、オリンピック競技の調査報道を担当し、記事での受賞歴も多数。学生時代は、中距離走の大学代表選手として活躍。著作『スポーツ遺伝子は勝者を決めるか? 』(早川書房)。



enmusubi5 at 17:32コメント(0) | 子育て  

にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
 にほんブログ村 教育ブログ 早期教育へ 

にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ